BUZZNET(バズネット)

バズネット(BUZZNET)は思わずシェアしたくなる、おもしろいネタニュースのまとめサイトです。

本日11月3日は『手塚治虫』先生のお誕生日!記念に描かれた漫画がグッと来る…。

手塚治虫

『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『ブラック・ジャック』『三つ目がとおる』『ブッダ』など、挙げ出せばキリが無いほどの作品を生み出された手塚治虫さんの誕生日が、本日、11月3日なのです。

そんな手塚治虫さんへのTwitterの漫画がグッと来ます。

手塚治虫

ブラックジャック

ピノコ

手塚プロ

Twitterの反応

出典:Twitter

アニメの件とか色々ありますが、手塚治虫さんの作品は素晴らしいのが多いです。60歳は早すぎますよね…今、生きておられると、どんな作品を描いていたのかが興味があります。
しかし、この漫画のクオリティは凄いですね!本人が過去に描いたものかと一瞬、錯覚しました。。

手塚治虫ショー Part1

手塚治虫ショー Part2

手塚治虫ショー  Part3

荒木 飛呂彦和手塚治虫

手塚治虫創作的秘密


手塚治虫伝説(長文ですが、これでも一部)

●手塚が戦中戦後にかけて医者の勉強をしていたことは有名だが、医者を断念した理由は担当教官から「君はこのまま医者になっても必ず患者を殺すから、悪いことはいわん、漫画家になりたまえ」と忠告を受けたこと。授業中、ずっとマンガを描いていたのがバレていたのだ。

●歴史上、最初に長者番付に載ったマンガ家は手塚治虫(昭和29年)。一躍マスコミの寵児となるが、雑誌記者がトキワ荘に手塚を訪ねると、そのあまりの質素な暮らしぶりに仰天した。「百万長者の家は、スキマ風の吹くオンボロアパート」と面白おかしく書き立てられ、プライドを刺激された手塚は、部屋を藤子不二雄にゆずって別の新築アパートに転居。ここにステレオやテレビ、はてはグランドピアノ(※註)まで持ち込んだが、仕事をするスペースがなくなってしまい、ピアノの下に腹這いになって原稿を描いたという。

(※註)実際にはグランドピアノではなく、アップライト型だったようです(当時、現場を目撃したマンガ家・長谷邦夫氏のご指摘)。ただいずれにせよ、普通の六畳間にピアノとベッドと机があったので、ものすごく狭かったことには違いないです。

●手塚は悦子夫人との婚約時代、年に3回しかデートができないほど多忙だった。しかもデート中、ほとんど居眠りをしていた。

●死ぬまで多忙だった手塚は、夫人との30年におよぶ結婚生活で、一緒にいられた時間はトータル1年半くらいだったと言われる。「よくお子さんを三人も作る時間がありましたね」と知人からつっこまれたが、手塚は「あんなの五分あればできますよ」と答えた。

●手塚といえばベレー帽。若い頃は天然パーマをごまかすためのものだったが、かぶり続けて毛が抜け、40代からは事実上のカツラがわりだった。

●また手塚は甘い物が好きで重度の虫歯になり、50代には総入れ歯になっていた。これをよくどこかに置き忘れ、そのたびに家族やアシスタント一同で社内を探し回った。

●あるときアシスタントたちと社員旅行に行くことになったが、旅行当日に手塚の入れ歯が紛失し、「入れ歯がないとボクは行けない!」と駄々をこねはじめた。

●またTV出演が決まっている日、やはり手塚の入れ歯がなくなった。社員でゴミ箱まで探したが見つからず、手塚は風邪をひいたことにしてマスクをつけて出演した。

●手塚の長トイレは有名で、最長二時間半の記録がある。トイレが、一番いいアイデアが浮かぶというのがその理由。

●高田馬場に手塚プロがあった時期、手塚の仕事部屋は奥さん以外は誰も立ち入れない禁断の部屋となっていた。編集者もアシスタントも玄関までしか入れない。ある夏の日、アシスタントが先生に呼ばれて玄関まで行くと、ステテコ姿で上半身裸の先生が現れ、「こんな格好でごめんね」と言って片手で原稿を渡してきた。もう片方の手は、しっかり乳首を隠していた。

●手塚プロ出身の漫画家・石坂啓は、禁断の部屋に入ったことがあるが、冷蔵庫にゴキブリホイホイが組み立てた状態で入っているのを見つけて仰天したという。

●50年代の全盛期、手塚の担当編集者は月はじめにくじ引きをして原稿をもらう順番を決めた。なぜこうなったかというと、締め切りが重なると各社の手塚番が殴り合いのケンカをはじめるからである。

●手塚流言い訳(その1) ある日、先生が部屋で寝ているので編集者が起こしたら、「ボクは寝てませんよ。横になって眠気をとってただけです」と言い張った。

●言い訳(その2) 小松左京との対談場所に手塚は4時間も遅刻した。そのときの言い訳が「ニュースニュース! ちょうど大阪空港で飛行機が爆発してねえ…」

●言い訳(その3) あるとき、先生の原稿があまりに遅く、ついに入稿が間に合わないことがあった。一週間以上、仕事場に泊まり込みで原稿を待っていた編集がブチ切れて「もう間に合わねえよ!」と怒鳴り、原稿を窓から放り投げた。すると手塚は涙を流しながら「ボクだって大学出てるんだから!」とわけのわからないことを叫んだ。

●手塚はよく原稿を編集に見せて相談した。ある編集は、とにかく早くあげてもらいたい一心で「いやあ面白いですねえ」とお世辞を使ったら、「こんなの面白いわけないじゃないか!」といきなり怒鳴って原稿を破きはじめた。

●手塚は執筆中、アイデアに詰まると、アシスタントに無理難題を言って時間をかせぐ癖があった。あるときなど「スクリーントーンを全部手で描きなさい」と指示したことも。アシスタントは黙々と一晩かけて細かい網点を全部描いたという。

●ファックスのない時代、手塚は海外から原稿の背景をアシスタントに電話で指定することがあった。どうやるかというと、原稿用の紙に3ミリ間隔で升目を引き、タテ・ヨコの線にそれぞれ番号をふる。そのうえで、「Aの15」というように線が交差するところに点を打つのである。この点を結ぶと見事な絵になったという。ただし、電話料金で原稿料はすべて飛んだ。

●手塚は石ノ森章太郎の結婚式で仲人を引き受けたが、締め切りに間に合わず、肝心の結婚式をすっぽかした。石ノ森が周囲の編集者にぼやくと、編集は全員「そりゃ、あの先生に仲人を頼んだ石森さんが悪い」と口をそろえた。

●手塚は締め切り間際によく雲隠れしたが、ある日いつも隠れ家にしているホテルに行くと、支配人から出入り禁止を言い渡された。手塚の知らないうちに編集者が乗り込んできて、「手塚いるか!」と全部のドアをたたいて回ったかららしい。

●地方に逃げたときは、旅館で編集が身柄を確保し、アシが総出で新幹線や航空機で一枚づつ原稿をピストン輸送することもあった。

●手塚の逃走癖は晩年まで直らなかったが、編集が後を追ってあるトンカツ屋で発見した。「先生!」と叫ぶと手塚は他の客が見ている前で、テーブルの下に身を隠した。

●ある作品で手塚は電車のシーンを描いたが、それは車内中央に鉄のポールが立っている、戦後まもなくの電車の絵だった。編集者が「こんな電車、もうどこにも走ってませんよ」と手塚に注意すると、手塚は「ボクはもう20年、電車に乗ってないんです!」と激昂、「取材」と称して電車に乗ってどこかに言ってしまった。

●手塚は編集者の気配に敏感で、外にいることを察すると部屋の明かりを消す癖があった。ある編集者が深夜、タクシーで手塚の屋敷に行くと、門の前でいきなり屋敷中の電灯が、庭の明かりまで消えて仰天したという。どうやらブレーカーを全部落としたらしい。

●手塚プロはその後、埼玉県新座市の中古ビルに転居したが、手塚がこのビルを気に入った理由は、部屋から直接外の非常階段につながっている構造で、編集の目を逃れて脱出できるからだった。

●新しく手塚番になる編集者には、編集長から「常にパスポートと数十万の現金を用意しておけ」と言われたという。先生がふっとトイレに行くふりをして、海外まで逃げることがあったからである。

●手塚はディズニーの「白雪姫」を50回、「バンビ」を80回以上観ている。ビデオのない時代、彼は町の連れ込み宿に一人で泊まり込んで、毎日、パンを持って朝一番で映画館に駆け込み、最終回まで居座ってこの記録を達成した。

●手塚が最初に8ミリで作った自主制作アニメは、なんと男女の交合を描いたポルノ作品。本人の証言がある事実であるが、もちろんどこにも発表されていない。

●日本初のTVアニメ「鉄腕アトム」は空前のヒットとなったが、あまりに多忙になったため手塚はキレて「労働組合を作ろう」と言い出した。社長は自分だということを忘れていたのだ。

●虫プロ倒産後も、手塚はマンガで得た収入を惜しげもなくアニメに注ぎ込んだ。理由を聞かれると、「マンガは本妻、アニメは愛人。愛人にはいくら金がかかってもしかたがない」と答えた。

●NTVの24時間テレビで2時間アニメ「バンダーブック」を作ったとき、作品は好評だったが手塚は放映終了後も気に入らないシーンを直していた。まだビデオで商品にする発想のない時代で、金をどぶに捨てるようなものだった。

●同じく24時間テレビで「フウムーン」を作ったとき、テレビで放映している最中に手塚はまだ絵コンテを切っていたという嘘のような本当の話がある。スタッフは、コンテがどうせあがらないとわかっていたので、監督の手塚に内緒で作品を完成させていたのだ。

●手塚がスタンリー・キューブリックから『2001年宇宙の旅』の美術デザイナーとしてオファーを受けたことは有名である。だがそのとき、手塚は虫プロ経営で大変な時期で、「残念ですが、ボクには260人ほど食わせねばならない責任があるので」と、せっかくの申し出を断った。するとキューブリックから「そんなにたくさんのご家族がいるとは知りませんでした。それはさぞかし大変でしょう」と返事が届いた。キューブリックは、手塚に本当に260人も家族がいると誤解したのだ。

●大友克洋が初めて手塚と会ったとき、手塚はいきなり「ボクは君の絵、虫メガネで見たけどどこもデッサンが狂ってないね。でもボク、君の絵だったら描けるんだよ」と言って大友をあきれさせた。

手塚治虫

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BUZZNETの最新記事をお届けします

  • シェア
  • ツイート
  • 送る
  • はてなブックマーク
  • Feedly

この著者の最新の記事

同じカテゴリの最新記事

アニメ・ゲーム, 動画人気記事

本日の人気記事

記事ランキング

ピックアップ記事

  1. ku01

    【悲報】テレ朝ディレクター 絶対に取れない染料を体中に塗りたくってしまう

    1: 名無しさん 2017/05/03(水) 00:34:58.345 ID:bsQs57+a0 …
  2. Da

    ダルビッシュ「もう少しでリクエストの多かったブルペン投球を真後ろから撮影した動画をアップできる」

    1:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/03/06(月) 11:01:03.09ID:JxX…
  3. Trump

    米大統領トランプ、移民制限を解除した司法長官代理を解任

    14:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/01/31(火) 11:33:42.01ID:aM…
  4. kano0

    【画像】JK淫行疑惑の狩野英孝さんの言い訳がこちらwwwww

    「相手は22歳だと年齢を偽っていて半同棲していたが、肉体関係はない」 こんな言い訳が通用すると思…
  5. ikimono2

    【速報】人気バンド「いきものがかり」 が活動休止!

    261:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/01/05(木) 14:09:32.96ID:m…

オススメ記事

  1. tego
    1: ジャム速ニュース 2017/05/23(火) 23:23:06.35 ID:4I6akiay0…
  2. aska
    ASKAさんがYouTubeで新曲FUKUOKAをUPしました。 聞いてみたのですが、普通に良…
  3. gorin7
    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/: 2016/08/11…
  4. kato33
    この夏から来年の夏に向けて今から行動開始!! 有名ボディビルダー且つ有名YouTuberの…
  5. 春日大社
    神社仏閣の多い奈良ですが、いざ奈良観光をするとなると、奈良公園界隈の散策となってしまいます。 …

ピックアップ記事

  1. 甲本ヒロト
    元ブルーハーツの甲本ヒロトが歌う、ザ・ハイロウズの名曲「日曜日よりの使者」は皆さんご存知だと思います…
  2. 北斗の拳 ラオウ ラグビー
    「北斗の拳」と「ラグビー」がコラボするアルティメットなバトルの動画がネットで注目されています。 もち…
  3. サラ・マクダニエル
    左右の眼で虹彩の色が異なる「オッドアイ」を皆さんは知っていますか? 片目の色が違う…
  4. さかなクン
    中学時代に「水槽が一杯あるクラブ」と思って間違って「吹奏楽部」に入ってしまったり、同じく中学時代に、…
  5. ゼロ・グラビティ
    VFXが発展し、全面クロマキーのスタジオ内で撮影が行われることが多くなり、役者の想像力が試される事に…
  6. アバター
    頑張れば自分でも作れそうなドット絵や、これはもはやドット絵のレベルを超えているぞ!ってものまで、Ex…
  7. amazing-hotels-2-1-1
    死ぬまでに一度は訪れたいホテルをご紹介します。どれも魅力的すぎて見ているだけでワクワクが止まらない厳…
  8. 瑪瑙
    広大な風景は海の海岸線や草原の丘の様に、野外で見るモノだと思われておりますが、鉱物の中にも信じられな…
  9. 赤ちゃん
    「育児ストレスで悩み疲れてノイローゼ寸前のママへ贈ることば」が心に刺さるとネットで話題になっています…
  10. 空耳アワー
    1993年から20年以上続くタモリ倶楽部の名物コーナー「空耳アワー」。 空耳アワーとは …

ニュースまとめ

バズネットは思わず誰かにシェアしたくなる、キュレーションWEBニュースまとめサイトです。感動・笑い・怒り・衝撃・癒しといった『心』に突き刺さるニュースや画像・動画だけでなく、雑学や、テレビでは伝えられないニュースもまとめて配信しています。

各ニュース記事はスマホで読みやすく設計され、電車の中やトイレの中、ちょっとした待ち時間でサクっと読めるニュースまとめ記事です。

TwitterやYouTube、2chまとめだけでなく、エンタメニュースや、みんなが知らないネタニュースもいち早くゲットできます。ニュースまとめサイトのバズネットで、今まで触れる事がなかったネットニュースをお楽しみ下さいね。

バズネットではあなたからのネタニュースの投稿もお待ちしています。街や、TwitterやYouTubeで見つけた面白い画像や動画、ネットで見つけた感動する話。とっても役に立った雑学やネタなど、誰かに教えたいあなただけのニュースのネタ提供をお待ちしています。

⇒ ネタを提供する
ページ上部へ戻る