BUZZNET(バズネット)

バズネット(BUZZNET)は思わずシェアしたくなる、おもしろいネタニュースのまとめサイトです。

ASKA(宮﨑重明)氏がhatenablogに公開したブログ全文

9 飯島愛

仕事柄と言っては同業者からクレームが付くだろうが、私は完全な夜型人間だ。物事の発想や創作のほとんどは、真夜中の部屋で生まれる。仕事部屋は完全防音なので、それを知っている友人は朝方4時だろうが5時だろうが、気兼ねなく電話を掛けてくる。「飯島愛」もそうだった。決まって真夜中だった。電話に出ると、普通「もしもし」から会話が始まるのだが、彼女は「ねぇ、今日ちょっとさぁ。」や「今ねぇ。」など、突然喋ってくる。彼女と会話が始まると、普通に1時間くらい電話を握っている。私は、殆ど相づちを打つくらいで、多くは彼女の話を聞いていた。99年の「電光石火ツアー」を観に来てくれたのが切っ掛けで友達になった。彼女の人の心理を読み取る力や洞察力など、本当に驚かされることが多かった。芸能界を辞めることを考えていたときなどは3時間以上説得したものだ。

「私、ほらこれと言って何も芸があるわけじゃないでしょ。今だけというか、今ギリギリなんだよね。マジもう飽きられるから。」
「オレは、飯島愛のポジションって他に居ないと思うんだよね。いいじゃん、好きなこと言ってりゃ。もったいないって。」
「いえいえ、これからは実業家よ。」
「愛ちん、何するんだ?」
「例えば、飯島愛のポルノショップって面白いと思わない?」
「そんなの芸能活動続けながらできるじゃないか。」
「いえ、本気でやるのよ。タレントショップみたいのじゃないんだから。」

彼女は自分でも言っていた。

「私、学歴は無いけど、知恵で勝負だから。」

本当に頭の回転の速い人だった。中学時代には都内の実力テストで11番になったことがあるということも話してくれた。そんな彼女から楽曲の依頼があった。
著書「プラトニックセックス」が映画化されるという。その中で主人公が愛して止まなかった曲という設定で、サウンドトラック用のインストルメント曲が欲しいという。

「なんか、いろいろ聴いたんだけど、これっていうのがないのよねぇ」
「出来れば新曲が良いんだけど、いまある曲でも構わないから何か無い?バラードで、アカデミックな曲が欲しいんだけど。」
「どのくらい時間ある?」
「もう撮影に入っちゃうから、直ぐにでも欲しい。」
「新曲っちゃ新曲なんだけど、次のシングルに決まってる曲があってね。その曲のメロディが気に入ってて、インストを作りたいと思ってたところなんだけど聴いてみるかい?」
「じゃ、それ頂戴。」
「聴いた方が良いだろ?」
「良くなるって勘がするのよ。決まりそれ。」
「事務所や監督と話した方が良いんじゃないか?」
「とにかく決まり。私が決定だから。それから、クレジット隠さない?」
「なんで?」
「飯島愛と友達ってカッコ悪いと思うのよね。」
「そんなことない。むしろオレは尊敬してる部分が大きい。堂々と言えるな。」
「いや、隠した方が良いって。アーティストイメージ良くないから。」
「あはは。分かった。プロデューサーは愛ちんだから任せるよ。」

こういう経緯でCHAGE&ASKAの「C-46」という楽曲は、映画「プラトニックセックス」のメインテーマ曲「from silence」となった。アーティスト表記は当時ツアータイトルであった「NOT AT ALL」にした。

2007年の夏だった。珍しく昼間から電話をかけてきたので覚えている。声がいつもの飯島じゃない。

「どうしよう。私盗聴されてる。」
「どうした?」
「私の行動、発言全部筒抜けになってる」
「相手は誰だか分かってる?」
「分かってる。」
「この相談も、聞かれてるんじゃないか?」
「聞かれてる。」

完全に声が脅えてる。なんとか落ち着かせようとした。

「ASKAさん、盗聴発見器持ってるって言ったよね?」
「あるよ。」

ツアー先のホテルに泊まるときに、発見器を鞄に詰めることがある。実際、それで発見したこともある。九州のホテルでは、カメラが仕掛けられていた。真夜中にホテルのマネージャーを呼んで認めさせた。赤外線ワイヤレスカメラだった。飯島とはそんな話もしていたことがあったのだ。

「わかった。知り合いの刑事さんと愛ちんのところへ行くよ。」

剣道仲間の牧田刑事だった。私は牧田さんと初対戦したときに1本も取れなかった。ボコボコにやられたのだ。上段構えをする人だった。私は、過去上段には一度も負けたことがなかったのだ。そんなことは生まれて初めてのことだった。都内の警察大会で優勝したことのある人だった。きっとあの人なら秘密も守ってくれる。

「なるべく早く、3人のスケジュールを合わせようか。」

牧田さんに事情を説明すると、次の非番の日をくれた。私も飯島もそれに合わせた。

飯島の部屋は渋谷の高台にある高層ビルの最上階にあった。部屋の玄関を入ると、ゆったりと幅を取った長めの廊下。その奥のドアを開けると広いリビングがあった。

「すごいねぇ。街並み全部見下ろせるじゃん。」
「それで決めたの。」
「女の子ひとりでこれは広すぎるんじゃないか?」

率直な感想だった。

「私、部屋に居るのが好きで、あんまり外に出ないの。」

意外だった。どこにでも顔を出しているイメージがあったからだ。飯島に牧田さんを紹介し、早速探索に入った。私が探していると、牧田さんが声をかけてきた。

「ASKA君、そこには無いから。」
「そうなんですか?」
「盗聴マイクやカメラなんていうのは、仕掛けるところがだいたい決まってるんだよ。今いちばん危ないのがネジ。」
「ネジ?」
「我々も使うんだが、ネジの真ん中にレンズが付いててね。じっと覗き込んでも。まず分からない。」
「へえ。」

飯島と顔を見合わせた。流石プロだ。しばらくして飯島が牧田さんに歩み寄る。

「牧田さん、昨夜天井裏を人が歩いてる音がしたから、すでに外されてると思います。」
「オレたちが来るのを知っててもおかしくないもんな。」
「愛ちゃん、脚立ある?」

牧田さんが聞く。脚立は無いだろうと思っていたら。

「あ、はい。あります。」

工具やら何やらすべてあった。こういうところが何だか笑えるのだ。
牧田さんは脚立を部屋の中央に置くと、天井の蓋を開けた。

「ああ、これ持って来いの天井裏だね。」

私も交代で天井裏を覗いてみた。人が腰を少しかがめば歩けるくらい高く広いスペースがあった。
一通り探索して、牧田さんは飯島と喋っている。

「愛ちゃん、昨夜の天井裏のことは分からないけど、いまこの部屋に盗聴機は無い。心配しなくてもいい。」

飯島は不服そうな顔をしながらも、安堵のため息をついた。

「それよりも、愛ちゃん寝なさい。」
「え?」
「寝てないだろ?」
「もう、二日以上寝てないんです。」
「心の病気、一歩手前だよ。」

無理もない。誰かに監視されていながらの生活だったのだ。

「愛ちゃんね。オレはイメージだけであなたを誤解してた。こんな良い子だと思わなかった。ASKA君に頼まれたから来たんだけど、これから何かあったら、すぐにでも連絡しなさい。」

牧田さんは、一枚の名刺を飯島に渡した。2時間ほどの出来事だったが、牧田さんが飯島を理解してくれたことが嬉しかった。

飯島は「Youtube」がまだ話題になってない頃から「これからは素人が作る映像の時代よ」と、言っていた。

「私、バンバン動画を撮ってるの。」
「どうするんだ?それ。」
「いまからはブログでもどこでも、ウェブで公開するようになるから。」

それがインターネットの主流になるのだと言う。実際、いまそうなっている。そして、撮り溜めて行った動画のテープが整理しきれないくらい増えたのだと言う。その盗聴騒ぎの時だった。誰かが部屋に侵入した形跡があると連絡してきたのだ。

「部屋の物の位置が変わってたり、撮り溜めたテープが無いの。」
「間違いない?」
「間違いない。」
「思い当たる人は?」
「ごめん。それは言えない。盗聴を疑ってる人がひとりだけいるんだ。」

話が現実味を帯びて来ている。その後、飯島はホテルに泊まったり、友人宅を泊まり歩いていた。それから半年以上連絡は無かったと記憶している。

彼女の死はあまりにも突然だった。本当に「イイヤツ」だった。大好きな友人だった。亡くなる数日前に、元気なメールを交わしていたのだ。

「ASKAちゃん、何やってるのー?」
「いま香港。」
「あら、お仕事やってるのね。頑張ってね。バイビー。」

この数日後に肺炎でこの世を去るなんて・・。
未だに、突然真夜中に電話がかかってくるような気がしてならない。

「ゴメーン。実は死んでないのぉ。隠れちゃったー。」

なんてことを言って来そうだ。もし、そうだとしたら怒らないから電話して来なね。愛ちん。

そんな彼女が、ある時期からパソコンに過敏になった。パソコンに脅えていたのだ。

「ね、パソコンって怖いんだよ。何でもできるって知ってる?」
「できるだろうね。」
「電源切ってても、遠隔で盗聴できちゃうんだよ。ASKAちゃん、気をつけた方がいいよ。これ忠告。マジだから。」

私は笑いながらそれを聞いていたのだが、その後私の人生を変えてしまう出来事が起こる。

今更言うことではないが「週刊誌」や「スポーツ紙」「インターネット」は本当に残酷な一面を持っている。何もないところから話を作りあげる。飯島のドライバーだった人物が私のドライバーと同一人物で、その人物がいろいろ告白したなどと週刊誌に書かれ広まってしまっているが、そもそも私には過去ドライバーなどいない。そんな人物など存在しないのだ。

妻が私の暴力に耐え切れず警察に密告しただとか、ヤクザに和解金を払って手打ちしただとか、チクって脅えて暮らしているだとか、コップを投げつけて暴れただとか、妻に土下座しただとか、CHAGEに「そんな変なもの止めろ!」と、言われただとか、新宿のニューハーフと交際していただとか・・。そのニューハーフの名が「夏樹」?是非、目の前に連れてきて頂きたい。また、銀座のホステスに事務所が手切れ金を200万払っただとか、麻布で女子アナをナンパしただとか・・。「女性自身」などは、私に「10円禿げができている」だとか、最も写りの悪い写真を選び、それを加工し、横に引き伸ばして激太りなどと書いた。全くタチが悪い。どれもこれも全部メディアの作り事だ。どれひとつ認めるものはない。私が何も発言しなかったことから「これはやり易い」と、思ったのかもしれないが、発言する時期ではないと控えていただけだ。バカバカしい記事は無視するが、今後度を超えるようなら、しかるべき対処をする。

あなた

あなたはあなたであることを
あなたは知らなかった

あなたは僕のメリーポピンズで
いつも驚きを振りまいた

郊外電車のように
カタコトと人生を走り

明日のような顔をして
昨日を悔やんでた

あなたが誰であり何なのか
僕には最後まで分からなかった

夢はかたち
見えないかたち

夜空いちめんに蒔いた
星屑の瞬きのように語ったお話は何だったのだろうか

夢の材料は確かにあった
それは僕にも見えていた気がする

遠い遠い空の向こうに
やがて僕も行くだろう

そのとき聞きたいことがある

0 700番
1 序章
2 ロンドン
3 kicks
4 ピンチとチャンス 
5 韓国ライブ
6 リアルキャスト解散
7 GHB
8 勘違い
9 飯島愛
10 盗聴盗撮
11 覚せい剤
12 音楽関係者
13 恐喝
14 週刊文春
15 エクスタシー
16 逮捕
17 裁判
18 メール
19 後記
20 追記

ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9

10

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
覚せい剤取締法違反罪で逮捕され2014年9月に、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を受けた、歌手のASKA(宮﨑重明)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BUZZNETの最新記事をお届けします

  • シェア
  • ツイート
  • 送る
  • はてなブックマーク
  • Feedly

同じカテゴリの最新記事

ネタ話人気記事

本日の人気記事

記事ランキング

ピックアップ記事

  1. ikimono2

    【速報】人気バンド「いきものがかり」 が活動休止!

    261:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/01/05(木) 14:09:32.96ID:m…
  2. aska

    歌手のASKAさんがYouTubeで新曲「FUKUOKA」を発表!

    ASKAさんがYouTubeで新曲FUKUOKAをUPしました。 聞いてみたのですが、普通に良…
  3. oshushi-ppap-4

    “おしゅし” のPPAPがかわいすぎ! #PPAP

    おしゅしさんが、ピコ太郎のPPAPにチャレンジした模様です🍣 Twitterよ…
  4. lake-chryskoe

    ロシアのクリリスコエ湖をGoogleマップで見てみると…w

    ロシアのクリリスコエ湖の、Googleマップに、シャケに囲まれるクマさんが🐻!! …
  5. 笑い飯 哲夫

    笑い飯哲夫さん、ラジオでノンスタ井上当て逃げ事故の被害者のタクシー運転手に対し“当たり屋”発言! 番組内で謝罪する

    1: ベジータ ★@\(^o^)/ 2016/12/16(金) 05:42:26.63 ID:CA…

オススメ記事

  1. aska
    ASKAさんがYouTubeで新曲FUKUOKAをUPしました。 聞いてみたのですが、普通に良…
  2. gorin7
    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/: 2016/08/11…
  3. kato33
    この夏から来年の夏に向けて今から行動開始!! 有名ボディビルダー且つ有名YouTuberの…
  4. 春日大社
    神社仏閣の多い奈良ですが、いざ奈良観光をするとなると、奈良公園界隈の散策となってしまいます。 …
  5. トヨタ2000GT
    1965年にデビューした"トヨタ2000GT"は、当時、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマ…

ピックアップ記事

  1. 甲本ヒロト
    元ブルーハーツの甲本ヒロトが歌う、ザ・ハイロウズの名曲「日曜日よりの使者」は皆さんご存知だと思います…
  2. 北斗の拳 ラオウ ラグビー
    「北斗の拳」と「ラグビー」がコラボするアルティメットなバトルの動画がネットで注目されています。 もち…
  3. サラ・マクダニエル
    左右の眼で虹彩の色が異なる「オッドアイ」を皆さんは知っていますか? 片目の色が違う…
  4. さかなクン
    中学時代に「水槽が一杯あるクラブ」と思って間違って「吹奏楽部」に入ってしまったり、同じく中学時代に、…
  5. ゼロ・グラビティ
    VFXが発展し、全面クロマキーのスタジオ内で撮影が行われることが多くなり、役者の想像力が試される事に…
  6. アバター
    頑張れば自分でも作れそうなドット絵や、これはもはやドット絵のレベルを超えているぞ!ってものまで、Ex…
  7. amazing-hotels-2-1-1
    死ぬまでに一度は訪れたいホテルをご紹介します。どれも魅力的すぎて見ているだけでワクワクが止まらない厳…
  8. 瑪瑙
    広大な風景は海の海岸線や草原の丘の様に、野外で見るモノだと思われておりますが、鉱物の中にも信じられな…
  9. 赤ちゃん
    「育児ストレスで悩み疲れてノイローゼ寸前のママへ贈ることば」が心に刺さるとネットで話題になっています…
  10. 空耳アワー
    1993年から20年以上続くタモリ倶楽部の名物コーナー「空耳アワー」。 空耳アワーとは …

ニュースまとめ

バズネットは思わず誰かにシェアしたくなる、キュレーションWEBニュースまとめサイトです。感動・笑い・怒り・衝撃・癒しといった『心』に突き刺さるニュースや画像・動画だけでなく、雑学や、テレビでは伝えられないニュースもまとめて配信しています。

各ニュース記事はスマホで読みやすく設計され、電車の中やトイレの中、ちょっとした待ち時間でサクっと読めるニュースまとめ記事です。

TwitterやYouTube、2chまとめだけでなく、エンタメニュースや、みんなが知らないネタニュースもいち早くゲットできます。ニュースまとめサイトのバズネットで、今まで触れる事がなかったネットニュースをお楽しみ下さいね。

バズネットではあなたからのネタニュースの投稿もお待ちしています。街や、TwitterやYouTubeで見つけた面白い画像や動画、ネットで見つけた感動する話。とっても役に立った雑学やネタなど、誰かに教えたいあなただけのニュースのネタ提供をお待ちしています。

⇒ ネタを提供する
ページ上部へ戻る