BUZZNET(バズネット)

バズネット(BUZZNET)は思わずシェアしたくなる、おもしろいネタニュースのまとめサイトです。

CIAがユリ・ゲラーに対し行っていた超能力に関する極秘実験の内容を公開

uri

懐かしい人の記事を発見したので、ご紹介したいと思います。
スプーン曲げ・・・子どもの頃はワクワクどきどきして食い入るように見てたなぁww


スプーン曲げで世界的に有名となった超能力者、ユリ・ゲラー氏の名前は耳にしたことがある人は多いだろう。日本にも来日し、テレビ番組で超能力的なものを披露していた。

新たに公開されたCIAの機密文書から、ユリ・ゲラー氏の超能力を確かめるために8日にも及ぶ実験を行なっていたことが明らかとなった。

この実験は”スターゲート”と呼ばれ、1973年にスタンフォード研究所で実施されたものだ。

ユリ・ゲラーに対して行われた実験の内容

まずゲラー氏は締め切られた部屋に入れられる。別室にはCIA局員がおり、辞書を無作為に開いてそこに載っていた単語から連想した絵を描く。これをゲラー氏がどんな絵だったのか当てるというものだ。

 その単語の1つは「ヒューズ」であったが、局員は「爆竹」を描いた。その結果、「彼からほとんど即座に帰ってきた反応は、”中から騒音が聞こえてくる筒”が見えた」というものだった。それから彼は「太鼓といくつもの筒状の物体」を描いた。

 「ヒューズ」という単語から局員が描いた「爆竹」

uri1

ゲラー氏は即座に「中から騒音が聞こえてくる筒」と回答。彼が描いたのは「太鼓といくつもの筒状の物体」である。

uri2

2つめの単語は「房」である。ここから「ぶどうの房」が描かれた。文書によると、ゲラー氏の即座の反応は「水滴」だった。次に「紫の円」と口にした。最後に「ぶどうの房」を描き、自信があると答えた。ゲラー氏の絵も局員の絵も24個でなるぶどうの房であった。

 左はCIA局員が「房」から連想して描いた「ぶどうの房」
 右はゲラー氏が描いたもの

uri3

このほか東海岸にいる科学者が描いた素描を当てさせるという、長距離でもテレパシーが働くかどうかを確かめる実験も実施された。ここでもカリフォルニアにいるゲラー氏は絵を部分的に再現することに成功している。

こちらは凧の絵。左:CIA局員、右:ゲラー氏

uri4

左:局員は「ラクダ」を描いた。
 右:ゲラー氏は確信を持てず、結局「ウマ」を描いた。
uri5

お題は「カモメ」。左:CIA局員、右:ゲラー氏
 ゲラー氏は即座に丘の上を飛んでいる鳥と地面にいる鳥の姿が見えた言い、ほぼ同じ絵を描いた。
uri6

局員が描いたサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジの遠景
uri7

これに対し、ゲラー氏はいくつかの四角の下に曲線を数本描いたが、自身何の絵なのか分かっていなかったそうだ。
uri9

だがすべての実験に成功したわけではない。

 これは局員の描いた「悪魔」の絵
uri10
ゲラー氏はこれに対し、30分間で3種の絵を描いた。

 モーセの十戒の石碑、地球、三又のヤリがある(左)。表面から虫が顔を出しているリンゴ、ヘビらしきものもいる(真ん中)。上部にモーセの十戒、中央に神の文字、外側に三又のヤリらしきものが描かれた絵(右)。
uri12

左は局員による「太陽系」。
 右のゲラー氏の絵には多くの類似点が認められる。
uri13
これらの実験により、ゲラー氏が部分的にしか一致しない絵を描くときがあったことから、科学者たちは「対象物である素描の線をイメージしているのではなく、それらについてある種の精神的プロセスを経たうえで絵を描いている」と確信した。

CIAは最終的にユリ・ゲラーに超能力があることを認める

こうした一連の実験を経て、CIAはゲラー氏が「説得力ある、明白な形でその超常認知能力を証明」したと結論付け
uri15
つい先日、CIAは1,200万ページにも及ぶ930,000点の機密文書を公式サイト上で公開したばかりだ。これは1999年からメリーランド州にある国立公文書記録管理局で閲覧できたものだが、今回より広く一般に公開されることになった。
uri16

ユリ・ゲラーのメディア出演は諜報活動の隠れ蓑だった!?

この公開を受けてゲラー氏は、エンターテイナーとしての仕事が諜報活動の「いい隠れ蓑」だったとコメントする。
uri17
「正しさが証明されたって? 疑う人なんて気にしませんよ。CIAとは色々やりました。彼らは僕にメキシコのロシア大使館の前に行って、ロシアから送られてきたフロッピーディスクを消去してもらいたがってましたよ」

 「ある人に近寄って、核の契約にサインさせなければならないこともありました。その人に”サインしろ、サインしろ、サインしろ”って念じるんです」

 「ブタの心臓を止めろって言われたこともあります。多分、うまくいけば、KGBの長官だったアンドロポフの心臓を止められたからでしょう」

 「ジョージ・クルーニーが僕役(『ヤギと男と男と壁と』)を演じていましたが、ヤギじゃなくて本当はブタだったんですよ」

 なおゲラー氏はMI6(英秘密情報部)と実験を行なったことがあるか問われ、それについては「ノーコメント」と答えている。

出典:カラパイア


ユリゲラーさん元気そうで何よりです(笑)昔、テレビ越しにテレビの前のみんなもスプーンを一緒に曲げよう!ってやってて自分もブラウン管の前に釘付けになっていた記憶があります(笑)

超常的な能力が証明されて良かったです(^-^*)

uri

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BUZZNETの最新記事をお届けします

  • シェア
  • ツイート
  • 送る
  • はてなブックマーク
  • Feedly

同じカテゴリの最新記事

ネタ話, 衝撃人気記事

本日の人気記事

記事ランキング

ピックアップ記事

  1. Trump

    米大統領トランプ、移民制限を解除した司法長官代理を解任

    14:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/01/31(火) 11:33:42.01ID:aM…
  2. kano0

    【画像】JK淫行疑惑の狩野英孝さんの言い訳がこちらwwwww

    「相手は22歳だと年齢を偽っていて半同棲していたが、肉体関係はない」 こんな言い訳が通用すると思…
  3. ikimono2

    【速報】人気バンド「いきものがかり」 が活動休止!

    261:風吹けば名無し@\(^o^)/: 2017/01/05(木) 14:09:32.96ID:m…
  4. aska

    歌手のASKAさんがYouTubeで新曲「FUKUOKA」を発表!

    ASKAさんがYouTubeで新曲FUKUOKAをUPしました。 聞いてみたのですが、普通に良…
  5. oshushi-ppap-4

    “おしゅし” のPPAPがかわいすぎ! #PPAP

    おしゅしさんが、ピコ太郎のPPAPにチャレンジした模様です🍣 Twitterよ…

オススメ記事

  1. aska
    ASKAさんがYouTubeで新曲FUKUOKAをUPしました。 聞いてみたのですが、普通に良…
  2. gorin7
    7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/: 2016/08/11…
  3. kato33
    この夏から来年の夏に向けて今から行動開始!! 有名ボディビルダー且つ有名YouTuberの…
  4. 春日大社
    神社仏閣の多い奈良ですが、いざ奈良観光をするとなると、奈良公園界隈の散策となってしまいます。 …
  5. トヨタ2000GT
    1965年にデビューした"トヨタ2000GT"は、当時、トヨタ自動車とヤマハ発動機が共同開発し、ヤマ…

ピックアップ記事

  1. 甲本ヒロト
    元ブルーハーツの甲本ヒロトが歌う、ザ・ハイロウズの名曲「日曜日よりの使者」は皆さんご存知だと思います…
  2. 北斗の拳 ラオウ ラグビー
    「北斗の拳」と「ラグビー」がコラボするアルティメットなバトルの動画がネットで注目されています。 もち…
  3. サラ・マクダニエル
    左右の眼で虹彩の色が異なる「オッドアイ」を皆さんは知っていますか? 片目の色が違う…
  4. さかなクン
    中学時代に「水槽が一杯あるクラブ」と思って間違って「吹奏楽部」に入ってしまったり、同じく中学時代に、…
  5. ゼロ・グラビティ
    VFXが発展し、全面クロマキーのスタジオ内で撮影が行われることが多くなり、役者の想像力が試される事に…
  6. アバター
    頑張れば自分でも作れそうなドット絵や、これはもはやドット絵のレベルを超えているぞ!ってものまで、Ex…
  7. amazing-hotels-2-1-1
    死ぬまでに一度は訪れたいホテルをご紹介します。どれも魅力的すぎて見ているだけでワクワクが止まらない厳…
  8. 瑪瑙
    広大な風景は海の海岸線や草原の丘の様に、野外で見るモノだと思われておりますが、鉱物の中にも信じられな…
  9. 赤ちゃん
    「育児ストレスで悩み疲れてノイローゼ寸前のママへ贈ることば」が心に刺さるとネットで話題になっています…
  10. 空耳アワー
    1993年から20年以上続くタモリ倶楽部の名物コーナー「空耳アワー」。 空耳アワーとは …

ニュースまとめ

バズネットは思わず誰かにシェアしたくなる、キュレーションWEBニュースまとめサイトです。感動・笑い・怒り・衝撃・癒しといった『心』に突き刺さるニュースや画像・動画だけでなく、雑学や、テレビでは伝えられないニュースもまとめて配信しています。

各ニュース記事はスマホで読みやすく設計され、電車の中やトイレの中、ちょっとした待ち時間でサクっと読めるニュースまとめ記事です。

TwitterやYouTube、2chまとめだけでなく、エンタメニュースや、みんなが知らないネタニュースもいち早くゲットできます。ニュースまとめサイトのバズネットで、今まで触れる事がなかったネットニュースをお楽しみ下さいね。

バズネットではあなたからのネタニュースの投稿もお待ちしています。街や、TwitterやYouTubeで見つけた面白い画像や動画、ネットで見つけた感動する話。とっても役に立った雑学やネタなど、誰かに教えたいあなただけのニュースのネタ提供をお待ちしています。

⇒ ネタを提供する
ページ上部へ戻る